社会福祉法人 福岡あけぼの会|精神障がい者就労移行支援 | 精神障がい者就労継続支援|地域活動支援センター|福岡県福岡市

qrcode.png
http://f-akebonokai.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

社会福祉法人 福岡あけぼの会
〒815-0082
福岡県福岡市南区大楠1丁目35-17
TEL.092-791-7472
FAX.092-791-7462

 

はーとふる

 

はーとふる事業紹介

はーとふる事業紹介
 

     グループホーム はーとふる
1. 事業の目的
 利用者の意思及び人格を尊重し、権利擁護を支援して、常に利用者の立場に立ち、
日常生活における介護、援助等の支援を行うことにより、障害者本人、障害者家族の
望む地域での普通の暮らしを実現することを目的とする。
2. 事業の内容
  共同生活援助
3.職員体制(人数、資格者)
・管理者・サービス管理責任者兼世話人・非常勤世話人若干名
・夜間防災として夜間支援員を配置
※ 管理者(基本:10時〜18時)  世話人(6時半〜9時半/16時〜20時)
4.登録者
  ・登録(予定)者数 4.5名  ※定員5名
  ・1日の平均利用者数(年間)〜(入居者数×365日)※外泊及び入院は
   365日から日数を引く
5.施設日課(開放日、時間)〜原則24時間365日・朝夕の食事提供
   ・必要とする者への日中支援、
夜間防災体制支援、起床支援・相談支援他
6.施設利用者・工賃・利用者負担金(利用料)
・家賃・水光熱費・食費(朝/夕)・厚生労働大臣の定める額・1万円家賃扶助の制度活用
7.就労支援 〜特になし
 各利用者の通う各日中事業所に任せ、はーとふるは生活支援を主とする。
 (職場と暮らしを混同させない)
8.月間行事実績
 ・防災訓練 ・季節の行事等
9.通所者研修 〜メンバーミーティング
10.地域交流
  ・入居者は地域社会への参加権利があり、地域行事にはすすんで参加する
11.研修生・実習生受け入れ 
 ・
特になし(住いの場であり受入れる場合は入居者の了承と配慮を十分に行う)
12.スタッフ研修
 ・行政及び各関係機関の行う研修会に随時参加
13.居住環境の整備
 ・各人、各室の生活スペースの確保とプライバシーの保護をおこなう
14.課題問題点
 ・給付費が低いことにより職員配置が十分に行えるか不安
 ・入居者の確定が出来ていないことより予算収入が不安定な状況
15.その他
 ・GHが、障害者の住いの決定打とは思っていないが、暮らし方の選択肢の
  一つとして今後、拡大推進(人数及び範囲)に取組む

 

アクセスマップ

アクセスマップ
   
<<社会福祉法人 福岡あけぼの会>> 〒815-0082 福岡県福岡市南区大楠1丁目35-17 TEL:092-791-7472 FAX:092-791-7462